• 中村漢方について
  • 店舗紹介
  • 症状別治療法
  • 取扱商品一覧
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス

症状別治療法

中村漢方薬局(本店) tel.096-384-7262
【営業時間】AM9:30〜PM6:30
【定休日】日曜・祝日
松寿堂薬局(支店) tel.096-356-3725
【営業時間】AM10:00〜PM6:00
【定休日】日曜・祝日
中村漢方鍼灸治療院 tel.096-384-7262
【営業時間】AM9:30〜PM6:30
【最終受付】PM5:30
【定休日】日曜・祝日

水曜日の診療はお昼まで
【営業時間】AM9:00〜PM2:00
【最終受付】AM12:00
  • 健康鼎談 風間トオルさん
  • 健康鼎談 保田圭
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 講演会活動
  • 漢方雑学
  • スタッフブログ

全国実力薬局100選

「頻尿」について

なかなか相談できない頻尿
通常の回数知っていますか?

「尿が近い」といっても、排尿の量が少なく回数が多いが多い場合と、尿の量が多いために排尿の回数も多い場合とが考えられます。どちらの場合もトイレに行く回数が増えるわけですが、量が多いのか量が少なく回数のみが多いのかを把握することが治療を行う上で大切になります。一般的な尿の回数は、昼に4~8回、就寝時で0~1回程度が平均とされ、多くても1日に10回程度と言われています。排尿の回数が昼間に10回以上、就寝時に2回以上ある場合は、「頻尿」とされています。
頻尿は膀胱炎や尿道炎、前立腺肥大、膀胱結石などの病気によって膀胱の容量が小さくなっているために起こると考えられています。

あなたはいくつ当てはまりますか?
チェック項目の多い人は要注意!

  • 夜トイレに起きることがある
  • 残尿感がある
  • 疲れやすい
  • 膀胱や尿道に違和感がある
  • 1回の尿量が少ない
  • 尿の色が薄い
  • 冷えやすい
  • 神経質で緊張しやすい
タイプ別「頻尿」

高齢者に多いタイプ(腎陽虚)

高齢者に多いのは、尿が出にくい、漏れやすいといった症状を伴うのが特徴です。
手足、下半身が冷える、足腰が重だるいのも特徴。夜間に何度も行きたくなるのもこのタイプ。 このような頻尿は、体をあたためる原動力である腎陽の不足しているために、起こると考えます。

膀胱炎などを伴う場合(腎陰虚⇒膀胱湿熱)

歳をとると、どうしても腎陽が不足しやすくその結果頻尿が現れることも多いのですが、若い人の場合は、熱によって起きる頻尿が多く見られます。 その中でも、熱症状が比較的穏やかな場合には、腎陰不足の影響が膀胱に及んで、頻尿になっているというケースがよく見られます。
手のひらや足の裏がほてる、口が渇きやすい、寝汗をかくといった症状が現れます。 熱による頻尿の中でも、排尿時に灼熱感や排尿痛を伴う場合は、膀胱に湿熱がこもっていることが考えられます。
これは膀胱炎の時や、膀胱炎にかかった後によく見られる症状です。

神経性の頻尿(肝気鬱結)

中年の女性などによく見られるのは、バスや車に乗った途端にトイレに行きたくなる、緊張や心配によって頻尿がひどくなるという症状です。 ストレスが強い人や、更年期の人に多く見られます。
これは、精神や情緒をコントロールしたり、気・血を巡らせる働きを持つ「肝」が機能失調を起こしている状態です。

元気がない人の頻尿(気虚)

元気のない人、疲れやすい、胃腸が弱い人は「気の固摂作用」不足が原因です。 気の固摂作用とは、尿を漏れ出ないようする気の働きの一つです。 気不足になると、尿意が我慢できずに頻尿になったり、尿失禁になったりします。

「頻尿」の養生法

自分の尿量を知っておく

元気のない人、疲れやすい、胃腸が弱い人は「気の固摂作用」不足が原因です。 気の固摂作用とは、尿を漏れ出ないようする気の働きの一つです。 気不足になると、尿意が我慢できずに頻尿になったり、尿失禁になったりします。

冷えを伴う場合

高齢者に多い頻尿や、冷えからくる頻尿の場合は、特に足腰を冷やさないことが大切です。冬季はもちろん、夏季でも冷房の効いた場所に長時間いる場合は、冷え対策をしっかりしましょう。頻尿は、下腹部を使い捨てカイロなどで温めることでも改善することもあります。
冷えは、いろいろな病気につながります。特に体力のない方はからだの冷えが病気につながりやすいので、十分に注意しましょう。

膀胱炎などを伴う場合

膀胱炎などを伴う頻尿の場合は、からだの熱を冷まし、利尿作用のある、ハトムギ、小豆、緑豆、すいか、冬瓜、蓮根、どくだみなどがおすすめ。 尿意を我慢しないで、トイレに行くことがとても大切になってきます。

女性の写真

中村漢方薬局(本店)

tel.096-384-7262

【営業時間】 AM9:30〜PM6:30
【定休日】 日曜・祝日

松寿堂薬局(支店)

tel.096-356-3725

【営業時間】 AM10:00〜PM6:00
【定休日】 日曜・祝日

症状から漢方治療を調べる