• 中村漢方について
  • 店舗紹介
  • 症状別治療法
  • 取扱商品一覧
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス

症状別治療法

中村漢方薬局(本店) tel.096-384-7262
【営業時間】AM9:30〜PM6:30
【定休日】日曜・祝日
松寿堂薬局(支店) tel.096-356-3725
【営業時間】AM10:00〜PM6:00
【定休日】日曜・祝日
中村漢方鍼灸治療院 tel.096-384-7262
【営業時間】AM9:30〜PM6:30
【最終受付】PM5:30
【定休日】日曜・祝日

水曜日の診療はお昼まで
【営業時間】AM9:00〜PM2:00
【最終受付】AM12:00
  • 健康鼎談 風間トオルさん
  • 健康鼎談 保田圭
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 講演会活動
  • 漢方雑学
  • スタッフブログ

全国実力薬局100選

冷え症について

冷え性

冷え症は自律神経の失調、ホルモンバランスの乱れなど によって起こりますが、本当の原因はわかっていません。

熱は、からだの体内に蓄えられ、外気の影響で冷やされ、からだの表面に絶えず運ばれてきます。ところが全身に運ぶために必要な量の熱を作りだせなかったり、熱を運ぶしくみに問題があったりすると冷えてしまうのです。
熱は単に全身を温めるだけではなく、からだの様々な働きの原動力となります。日常的に感じる冷えは、病気になる前のサインと受け止めて未病の内にしっかりと養生しておきましょう。

あなたはいくつ当てはまりますか?
チェック項目の多い人は要注意!

  • 生活が不規則である
  • 朝食を抜くことが多い
  • 喫煙の習慣がある
  • 体にぴったりあった服を着ることが多い
  • 空調の効いた部屋で働いている
  • 女性である
  • スカートをはくことが多い
  • 常時ハイヒールを履いている
漢方の「冷え症」の考え方

タイプに合った漢方薬と、外的要因を見直すことで
改善します。

漢方では、冷え症は外因と内因が絡み合って起こると捉えています。

【外因】

漢方で「外邪」と言われ、自然の気象条件が病気になると考えるものです。冷え症の場合、「寒邪」(寒気)と「湿邪」(湿気)などによる影響が大きいと考えられます。また、人為的な外邪、すなわち薄着、ミニスカート、冷房などの要素が加わります。
※薄着など自ら冷え症の原因を作り出している人は、直ちに改めましょう。腹巻で体調が改善する人も多いですよ。

女性の睡眠写真

【内因】

内因には4つのタイプがあります。

(1)全身的な冷え(腎陽虚)精

新陳代謝が低下しているために、体が温まりきれない状態。からだ全体に冷えが起こり、青白い顔をしている人が多い。

(2)水毒による冷え(痰湿)水

からだに余分な水分が滞っているために、その水が冷えを起こすと考えられ、胃腸の働きが低下し胃下垂などが見られる人に起こりがちです。

(3)瘀血による冷え 血

新陳代謝は正常で胃腸は丈夫だが、便秘の女性に多い冷え症。瘀血とは全身を巡る血(現代医学でいう血液とは一致しませんが、血液に類する栄養分をさします)が、停滞した状態のこと。この状態が様々な不調を招く原因になる。
瘀血のある人は、下腹部を触ると抵抗感と痛みが感じられますが、手足が冷えるのが特徴です。

(4)気逆による冷え 気

体内を巡る萎(一種の生命エネルギー)が逆流するために起こるもの。
足が冷えるのに、首から上がのぼせるのが特徴。

  • 体内を巡る気が逆流する結果、定が冷え、頭がのぼせる。
  • 全身を巡る血が停滞し、手足が冷える。
  • 体に余分な水分が滞っているために、その水が冷えを起こす。
「冷え症」の養生法

体を冷やさない工夫を!

からだを締め付ける下着は血液循環を悪くするのでやめましょう。ハイヒールも足に無理な負担をかけ血液循環を悪くする一因です。冷房に対しても衣類(カーディガン等)で調節しましょう。

血液循環や体温をコントロールする自律神経の働きをよくするため不意則な生活習慣を改め、早寝早起きを心がけましょう。
きちんとした時間に朝食をとることも大切です。 夜寝ている間に低下した体温が早く元に戻ります。

朝食抜きの習慣は改めましょう。
生活のリズムが整えば室内と室外の温度差があってもそれに対する適応力がついてきます。冷え症対策には食事のとり方も重要です。体内のエネルギー源となり熱を生み出すのは、たんぱく質、脂質、糖質、これらのバランスがとれた食事。
ダイエット等で量を減らしたり、著しく偏ったものばかりでは?!
手足の末梢の血液循環を良くするビタミンEの多いアーモンド、ナッツ類、納豆、レバー、唐辛子には細胞のエネルギー代謝を促すカプサイシンが含まれています。からだの保温を助けてくれる栄養素、たんぱく質、が豊富な肉・魚も適度にとることも大切です。

女性の写真

体を動かすことが大切です!

運動することで血流が促進され、全身が温まります。そして血液が全身に送られることで細胞が活性化し、新陳代謝を高めます。また運動することによって自律神経の機能を高める効果も期待できるので冷えにくい体を作ることにもつながります。

歩く時間を増やすだけでも良いでしょう。 それも無理なら、普段の歩くスピードを速くし、きびきびとした生活を送るだけでも構いません。 それが基礎的な新陳代謝アップにつながり、健康な体を作ります。

中村漢方薬局(本店)

tel.096-384-7262

【営業時間】 AM9:30〜PM6:30
【定休日】 日曜・祝日

松寿堂薬局(支店)

tel.096-356-3725

【営業時間】 AM10:00〜PM6:00
【定休日】 日曜・祝日

症状から漢方治療を調べる